×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップに戻る 映画情報 お知らせ 作品貸出 VHS・DVD販売 リンク 問い合わせ スライドショー

お知らせ

◆街/商店街とアートをつなぐには〜 門脇篤さん(アーティスト)に聞く
http://artfullaction.net/2010/01/6.html

日時 2010年1月31日(日)14:00〜21:00
場所 cafe broom & bloom(JR武蔵小金井駅徒歩5分)
参加費 500円(資料代)
定員 20人
ゲスト 門脇篤さん(アーティスト)

【当日のタイムスケジュール】

14:00-15:30 ドキュメンタリー映画「街にはアートがいっぱい」
16:00-18:00 リレートーク ゲスト:門脇篤さん
18:00-21:00 交流タイム(閉店までご自由にお過ごしください)
* 上映、トークのどちらかのみの参加もできます。

主催 小金井アートフル・アクション!実行委員会
助成 平成21年度文化庁「文化による創造のまち」支援事業
*本事業は、小金井市芸術文化振興計画推進事業です


◆塩竃の春を彩る「花まつり 第5回もとまち宵市」

日時:2009年4月26日(日) 14:00-20:00
会場:本町くるくる広場にて(宮城県塩竃市 浦霞醸造元向かい)
  本塩釜駅(JR仙石線)から徒歩7~8分 

縁日・屋台コーナー
ステージショー、バンド
地場産品の販売
西馬音内盆踊り など

主催:本町通りまちづくり研究会
お問合せ: 090-4634-5968 

同時開催
「第25回しおがま市民まつり」
「花まつり」

◆シャッター通りに思うこと、できること

平成20年度小平市市民学習奨励学級
シャッター通りに思うこと、できること
まち、町、街、マチ・・・について考えます。
チラシ(pdf)

講師 川崎けい子

【日時】2月14日(土) 13:30~15:30
【場所】小平市中央公民館視聴覚室
【定員】30名(先着順)
【参加費】無 料
【主催】小平市教育委員会
【申込み】下記へ(1月21日より)

【企画・運営、連絡先】

インドな人口問題を考える会
電話&FAX 042-308-0903 (笹尾)


◆大漁箱ワークショップinしおがま本町通り

--ボクのワタシの大漁箱プロジェクトとして--

日 程:2008年11月9日(日)10:00~15:00
場 所:宮城県塩竈市本町通り

スケジュール

 10:00 旧「エルフィン」さん(器の郷・ひろ埜さん隣)に集合。
 あいさつ。制作手順などの説明。
 10:20 本町通りへ出て、好きなお店をさがし、情報収集や展示交渉を実施。
 11:30 アイデアスケッチ制作。
 12:30 みんなで昼食。
 13:15 本制作開始。できた人からお店に見せに行き、展示。
 記念写真撮影。みんなで大漁箱ツアー。
 15:00 まとめ。閉会。

主催:宮城県「みやぎ芸術文化創生の祭典実行委員会」
企画・お問合せ:門脇篤まちとアート研究所 門脇篤
 〒989-0812 仙台市青葉区片平1-3-2-504
 ℡070-5621-2301 022-277-3551
 info@kadowakiart.com

ブログ http://www.voluntary.jp/shiogama/


◆歩こう塩竈 しおがま門前商店街散策マップ

塩竈の街を散策するためのガイドとなる「しおがま門前商店街散策マップ」ができています。
塩竈のみどころやユニークなお店が紹介されています。

このマップについてのお問い合わせは、以下まで。
塩竈市商工観光課
022-364-1124
初めて塩竈を訪れる人でも、何回か訪れている人でも楽しめるような仙台発の日帰りバスツアーがこの秋の仙台・宮城デスティネーションキャンペーンのひとつとして行われています。
ツアーは以下の二つがありますが、どちらにもまちなか自由散策が入っているので、上記のしおがま散策マップを手にあちこちまわると楽しそうです。

・しおがまさま特別参拝とまちなか散策酒蔵見学

しおがまさま特別参拝「浦霞」「阿部勘」酒蔵見学


◆東北歴史博物館平成20年度特別展「塩竈・松島~その景観と信仰~」

開催場所 東北歴史博物館
      JR東北本線をご利用の場合 国府多賀城駅下車 徒歩約1分(仙台駅から約15分)
      http://www.thm.pref.miyagi.jp/index.html
開催期間 平成20年10月4日(土)~11月24日(月・祝)

開館時間 9:30~17:00 (入場は16:30まで)

休館日  毎週月曜日(10/13、11/3・24は開館)
観覧料金 一般:700円(600円)高校生:400円(300円)
     小・中学生:100円(80円)
       *(  )内は、20名様以上の団体料金
       *上記観覧料にて、常設展示もご観覧いただけます。

主催 東北歴史博物館 志波彦神社・鹽竈神社 瑞巌寺
共催 多賀城市 塩竈市 松島町 河北新報社


◆バスツアー 仙台発 「しおがまさま参拝とまちなか散策酒蔵見学」

塩竈神社など塩竈市内の名所をめく゜り、商店街を散策する。
仙台・宮城デスティネーションキャンペーン伊達なバス旅のひとつです。
http://www.sendaimiyagidc.jp/datebus/datebus.php

■出発日/11月8日・12日・19日・26日・12月10日
■旅行代金/(お一人様/大人・小児)  8,200円
■食事条件/昼食1回付
■添乗員同行

以下で予約できます。
http://www.miyakoh-kanko.co.jp/cgi-bin/bustour/index.cgi?action=daydetail&ac=00000082&cate=
(宮交観光サービス株式会社)



◆「幸福の黄色い毛糸」のご案内
「幸福の黄色い毛糸」 ~黄色い毛糸を送ってください
http://www.kadowakiart.com/post/

宮城県大崎市古川十日町・四季彩通り
2008年10月15日(水)~19日(日)※制作は13日~

フライヤー
表 http://www.kadowakiart.com/post001.pdf
裏 http://www.kadowakiart.com/post002.pdf

※本企画は「GOTEN GOTEN 2008 アート湯治祭・りくとうアー
トライン」の一企画として行われます。

●しあわせ色がつなぐまち
私がはじめて「黄色いポスト」について耳にしたのは、2006年
、仙台・定禅寺通りのけやき並木にピンク色の毛糸を結んでい
るときでした。
吉野作造が生まれた宮城県大崎市古川十日町は、現在「四季彩
通り」と呼ばれ、黄色という「色」をテーマに、まちを幸福に
しようと「日本一美しいまちづくりへの挑戦」を行っています
。しかも驚いたことに、実際にまちを訪れてみると、私が見る
限りでは、本当にこの「黄色による幸福化」があちこちで進展
しています。これこそ、私がアートでやりたいと思っているこ
と、「コミュニティアート」の原点に他なりません。
そこで私もこの不思議なまちで「黄色」をテーマにアートを展
開しようと思いました。

●いろいろ参加できます

《募集その1》黄色い毛糸を送ってください
 四季彩通り「幸福の黄色いポスト」周辺に結ぶ黄色い毛糸を
送ってください。
 毛糸はごくふつうの安いもの(100~200円程度)がいいんで
す。
 あなたの毛糸がアートになる!
 ※毛糸は四季彩通り商店街振興組合まで直接持ち込んでもけ
っこうです。
  (黄色いポスト隣の幸福の十番館内です)

《募集その2》制作参加者を募集します
 10/15より行う、黄色い毛糸を使ったアート作品制作に参加
する
 ボランティアスタッフを募集します。
 制作の時間帯は主に10時くらい~夕方。
 できる範囲でけっこうです(飛び入りでも可)。
 どなたでも参加できます。
 お気軽にお問合せ・ご参加ください。

《募集その3》イエローキャッチャー
 身の回りの黄色いものを撮影した画像を募集します。
 メールなどで送ってください。
 ブログや会場に展示します。

●四季彩通りと「幸福の黄色いポスト」
古川は宮城県北部の中心地で、米どころとして知られるほか、
たくさんの商店が軒を連ねています。しかし最近、商店街はあ
まり元気がありません。そこで2005年、四季彩通り商店街振興
組合の木村信一朗理事長が、「明るく幸せになるようなイメー
ジを商店街から発信できないか」と考えて実現したのが「幸福
の黄色いポスト」です。木村理事長はこの他、少年時代の思い
出をもとに、古川を流れる緒絶川に笹舟を流す「全国笹舟大会
」を実現させるなど、「こんなことできたらいいね」を本当に
かたちにしてきました。もちろんそれを可能にさせたのは、古
川に住むまちの人たちの「おもしろいもの」に対する情熱と感
度です。
黄色いポストの隣には、今年8月より幸福の売店「はっぴぃ」
もオープン。「幸福の黄色いソフトクリーム」や「多幸(たこ
)焼き」のほか、各種黄色いポストグッズも充実しています。
どうぞ古川・四季彩通りへとおこしください。

●会期中の古川のイベント
古川秋まつり 10/18・19
江戸時代から祇園八坂神社に伝わる大名行列や釜神さまのパレ
ード、食に関する祭典など、秋の収穫を祝うお祭りが古川中心
部各地で行われます。
問合せ:古川商工会議所(古川まつり協賛事務局)℡0229-24-0055

●GOTEN GOTEN 2008 アート湯治祭「りくとうアートライン」
古くからの湯治場として知られる宮城県北部の温泉地・東鳴子
温泉。ここで「湯治文化」を活かし、「垣根をこえたまちづく
り」を目標に、東鳴子ゆめ会議の活動が始まったのが2003年の
ことです。それは、常に垣根をこえていく運動体としての「ア
ート」と出会い、「GOTEN GOTEN
アート湯治祭」として結実。2005
年より毎年、地域の価値をアートで再発見し、地域を結んでい
く実験的な試みを繰り返してきました。「りくとうアートライ
ン」は、2006年、合併によって生じた大崎市の、かつての各市
町村をアートで結ぶ試みで、昨年の岩出山に引き続き、今年は
古川エリアとの連携事業として本企画を実施します。http://naruko.gozaru.jp/

□主催:特定非営利活動法人東鳴子ゆめ会議
□企画:門脇篤まちとアート研究所
□共催:四季彩通り商店街振興組合、東鳴子親交会、東鳴子温
泉観光協会、鳴子ツーリズム研究会、宮城大学地域連携センタ

□助成:アサヒビール芸術文化財団、財団法人文化・芸術によ
る福武地域振興財団、大崎ふるさとづくり基金事業みちのくの
宝島大崎
□特別協賛:アサヒビール株式会社、ブレイントラストアンド
カンパニー株式会社、富士フイルムイメージング株式会社
□協力:四季彩通りおかみさん会、JR東日本仙台支社、感覚ミ
ュージアム、宮城教育大学村上タカシ研究室、東鳴子地域づく
り委員会、好日館、大崎市立鳴子中学校、株式会社バイオタイ

□後援:宮城県、大崎市、大崎市教育委員会、河北新報社、大
崎タイムス、朝日新聞仙台総局、読売新聞社東北総局、産経新
聞社東北総局、日本経済新聞社仙台支局、毎日新聞仙台支局、
仙台リビング新聞社、S-style、仙台放送、KHB東日本放送、TBC
東北放送、ミヤギテレビ、Date fm

【お問合せ・毛糸の送付先】
◎四季彩通り商店街振興組合
 〒989-6165 大崎市古川十日街7-7
 ℡0229-23-0300 shikisai@tiara.ocn.ne.jp
◎門脇篤まちとアート研究所
 〒980-0812 仙台市青葉区片平1-3-2-504
 ℡070-5621-2301 info@kadowakiart.com





◆「街にはアートがいっぱい」が以下のコミュニティアート映像祭2008で上映されます。

コミュニティアート映像祭 2008
Community Arts Image Festival Japan 2008(略称:CAIF-JAPAN2008)

【船橋会場】船橋市民ギャラリー
●9月13日(土)
10:00-12:00 「街にはアートがいっぱい」
13:00-15:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
15:00-17:00 トーク:大木裕之(光の庭の子どもたち監督)
17:00-19:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「兄の部屋」
19:00-21:00 「龍宮」
●9月14日(日)
10:00-12:00 「ほんがら」
13:00-15:00 「街にはアートがいっぱい」
15:00-17:00 トーク:川崎けい子(街にはアートがいっぱい監督)

17:00-19:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
19:00-21:00 「龍宮」
●9月15日(月)
10:00-12:00 「取手の音楽」「BEPPU PROJECT2006」「光の庭の子どもたち」
13:00-15:00 「ほんがら」
15:00-17:00 トーク:長岡野亜(ほんがら監督)
17:00-19:00 「街にはアートがいっぱい」
19:00-21:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「兄の部屋」

会場URL:http://www.f-bunspo.or.jp/gallery/index.html
【趣旨】
コミュニティアート映像祭、「コミュニティアート」を中心に、「地域コミュニティ」「民族」「セクシャリティ」ほか多岐にわたる現代社会の課題、その解決策を示している映像作品を共有し、スクリーンの前に新しいコミュニティを形成することを目的としている、市民のための映像祭です。
現実を忘れるために観るのではない、現実と切り結び時に痛みを味わいながらも、新しい社会のビジョンを得るためのワークショップ、それがこの映像祭の本質です。
開催に当たっては、さまざまなコミュニティの交流の場となっている個性的なスペースの協力のもとに、ネットワーク型・自律的なプログラム編成と運営を実現します。
社会の最先端の動きは、草の根レベルの出来事に始まります。ユニークな映像作品とともに、新しい冒険に出ましょう!

【上映予定作品】
・光の庭の子どもたち(大木裕之)
・ほんがら(長岡野亜)
・セクション1-2-3(品川亮)
・街にはアートがいっぱい(川崎 けい子)
・龍宮(太田信吾)
・兄の部屋(西村知巳)
・BKK犬(レンコン組合 相田ちひろ+Hong)
・取手の音楽(野村誠+野村幸弘)
・BEPPU PROJECT2006(BEPPU PROJECT)
ほか

【会場】
・2008年9月13日(土)~15日(月・祝)
 船橋市市民ギャラリー(船橋市)
・2008年9月20日(土)
 masuii R.D.R(川口市)
・2008年10月14日(火)、15日(水)
 community center akta(新宿区)
・2008年10月18日(土)
 パクチーハウス東京(世田谷区)

【料金】
入場無料(満足度に応じた額のカンパをお願いいたします。今後の映像祭の運営資金とさせていただきます。)

【主催】
特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし
〒273-0005 船橋市本町4-40-23 本町フリーマーケット内
http://www.communityart.net


ARTIST UNIT Blue in Green exhibition(香港)
「もとまちアート海廊」の美術計画の展示に参加されたアーティスト、のはらかずみさんが4月3日から7日まで香港で展示会を開きます。「街にはアートがいっぱい」でものはらさんの作品を紹介しています。
(ここでものはらさんの作品が見られます。)
Kazumi Nohara(
日本)Hiroko Taira(香港)
日時 0307 Apr 2008/03/27
会場 The hong Kong Visual Arts Centre (VAC)



ドキュメンタリー「街にはアートがいっぱい」上映会in塩竈
上映会が下記の通り行われます。
お近くの方、ぜひ、ご参加ください。上映後のシンポジウムにわたしも参加します。
■とき 3月2日(日) 
 開場14:00 上映14:30~ シンポジウム16:00~16:30

■場所 塩竈市遊ホール(壱番館5階)
  最寄り駅: JR仙石線・本塩釜駅
http://www.voluntary.jp/weblog/RedirectServlet?npoURL=shiogama

◆斉藤文春展-そこはかとなく雨 2007
「塩竃・本町アート海廊」の美術計画の展示に参加された方です。
とき 2007年11月21日(水)~26日(月) 10時~19時
ところ ギャラリー青城 
    仙台市青葉区錦町1-12-7
    tel 022-222-0654



◆むかでの一歩⑨ 豪奢な朝/川村妙子展
「塩竃・本町アート海廊」の美術計画の展示に参加された方です。
とき 2007年11月17日(土)~25日(日) 10時~19時
ところ むかでや画廊 
    仙台市青葉区一番町3-11-10
    tel022-223-2063


◆記事掲載
週刊金曜日9月14日号に「塩竈もとまちアート海廊」を取材して書いた以下の記事が掲載されています。

ARTで街づくり 「街そのものを見せる」塩竃市の挑戦(川崎けい子)

http://www.kinyobi.co.jp/KTools/mokuji_pt?v=vol670


トップに戻る

Copy right 川崎けい子  画像と文章の無断転載は固くお断りします。
リンクはご自由にどうぞ。